黒姫童話館へ

kurohime1

わたしの住むところからは鬼無里、戸隠、飯綱と山々を走って2時間半。
6年ぶりに黒姫へ足を運ぶ。
すでに半袖ではいられない秋の気候に変わっていた。

車を停めてシャトルバスで到着。
ちょうど近くのコスモス園も満開で
美しい光景が目の前をよぎっていくのであった。

・・・・・

グリム童話から、信濃の民話まで、数々の童話が集められている。
ミヒャエルエンデのコーナーも。
子供達は古くからの日本の民話よりも、
ムーミンやプーさんやピーターラビットの方が好きみたい。
それにしても、日本の民話のおどろおどろしたところは、
いつ読んでもぞくっとするものである。
というよりそのいさぎよい程の残酷さ、恐ろしさは
大人になっていくにつれてより増して感じるような気がする。
(ひさしぶりに『飯喰い女房』を読んでオモウ….)

・・・・・

洋書の絵本が豊富だったので、見入ってしまう。

文章がわからないぶん、すべてが造形的にみえて、
日本語版を知っているものでも絵の鮮やかさが違うように思う。

・・・・・

いわさきちひろの黒姫に設けた山荘を移築した建物は、
こじんまりとして、でも不思議に落ち着く雰囲気だった。
彼女の絵の中で惹かれていた薪ストーブがあった。
赤いやかんがその上におかれている絵だった。

作品とそのひとの暮らしとが繋がって、
時空をこえて接することができたような気持ちになった。

・・・・・

kurohime5

前に来たときは2月。一面銀世界だった。
この広大な景観のひろがりといったら……。
豆粒ほどにみえるこどもたちは
風にふかれて飛んでいきそうなほどだった。

・・・・・

戸隠のおいしいお蕎麦を食べ(本当にうなるほどおいしかった)、
薫りただよう手作りベーコン屋さんでかたまりをふたつ買って帰路につき、
(こういうモノに目がないcobaである。)
秋のはじまりの思い出となった小さな旅を、
ワインと共にしみじみと振り返ったのであった。