わたしがあかちゃんだったとき

わたしがあかちゃんだったとき
キャスリーン アンホールト
文化出版局
売り上げランキング: 22,847

赤ちゃんの時の自分というのは、誰も知らない。
親の視点で残してあげることしかできない。
子に話してあげる「昔のこと」は、
いつまでもあたたかくありたいと思う。

アンホールトはこの本で、子供の育っていく過程の節々を、
やわらかいふくらみのある線と、淡い色見で包みながら、
実に丁寧に描いている。
パパやママが子供の何倍もふくよかなところも、
懐深く感じられて、
子供がすっかり安らいでいるのがわかる。

このおはなしは、子供の甘えたい気持ちを引出す効果もあるみたい。
「くるみちゃんもこうだった?」と、
読んでいる最中からしきりに聞いてくる胡桃である。

伝えていかなくてはいけないことがたくさんだあ、と実感する。
今は今に必死だけれど。