輝きの季節

輝きの季節―ターシャ・テューダーと子どもたちの一年
ターシャ テューダー
KADOKAWA
売り上げランキング: 301,875

「ねえ、おばあちゃま、ママがわたしくらいだったときのことを話して。」ではじまるお話。憧れのターシャの描くひと昔前の暮らしはどれも心から「美しい」と感じられる。おばあちゃんから聞くママの昔のことはさぞかし興味をそそられることに違いない。そして絵という形で暮らしの断片を残していける力を、心の底からうらやましく思う。