ゆき

ゆき
ゆき
posted with amazlet at 15.07.06
ユリ シュルヴィッツ
あすなろ書房
売り上げランキング: 306,268

秋と冬の境目は、ゆきが降った日。
真綿をちぎったような、小さな白いゆきが空から舞い降りてくる瞬間にでくわす、
そのよろこびはいつの年も新鮮。

むろんはじめの一降りは、お日さまのひかりにはかなくも消えさってしまうものだけれど、
それでもちらちらと空の気配を気にし、ゆきを待つ。

後から後からゆきはふってくる。
夜の間ふり続いていたことに気がつかず、
朝起きて窓の外にまっしろな光景が広がっていると、感激する。

ユリ・シュルヴィッツが描いた、街が雪におおわれていく瞬間のお話。

街と、街をいきかう大人達のかもしだす、どんよりとした空気の中で、
ひとひらのゆきと、それをみつけるオトコノコの表情はきらりと輝き、
とてもいとしく感じられる。
街は暗くよどんでいる。
大人達は、無表情なようで、
そのすました顔の奥に、しっかりと体温を感じさせる個性をもっているところがいい。
グレーににじむ街と空は、繰り返す日常の混沌とした空気の色と似て、
あたたかなものの輪郭を感じさせてくれる。

「よあけ」同様、ユリ・シュルヴィッツの得意とするところだろうか。

辺りをすべて白く覆いかくす雪は、いつもいる場所を一変させ、
お店の看板のハンプテイダンプテイや月も、
オトコノコにははしゃいでいるように見える。

yuki2

今年雪がふりはじめたのは、お正月。
朝早く、松本に向かう車の中から、美しい霧氷を見ることができた。
空気中の水蒸気が木の枝に凍結してできた氷の結晶。
やはりまっしろな雪と氷の世界は常に幻想的で、
太陽のひかりが反射してきらきらとかがやいている姿は、神々しいまでにうつくしい。
まっさきに頭に浮かんだのが、この絵本の、空が青く澄みわたるラストシーン。