サラダとまほうのおみせ

サラダとまほうのおみせ―やなぎむらのおはなし (こどものとも傑作集)
カズコ・G.ストーン
福音館書店
売り上げランキング: 131,047

朝息子を幼稚園に送ると、先生が
「さなぎが、ちょうちょになったよ!」と教えてくれました。
みんなで飼っているイモムシのことです。
教室に入ってさっそくかごをみせてもらったら、ちいさいモンシロチョウが2匹
かごのふたにくっついていて、子供達が大喜びしていました。
「いもむしのモナックさんみたいだね」。息子と一緒にこの本のことを思い出しました。

ありやかたつむり、くも、ばった達の暮らすやなぎむらに、
いもむしのモナックさんが引っ越してきます。
そして「サラダとまほうのおみせ」を開きます。
モナックさんのサラダはとびきり美味しくて、みんな毎日お店に通うのだけれど、
突然まほうがはじまってモナックさんはとおくへいってしまう~。
やなぎむらの仲間達は、モナックさんになかば翻弄されながら、冒険を楽しみます。

作者カズコ・G・ストーンさんは、
幼い頃から虫が大好きで、昆虫館の館長さんになるのが夢だったそうです。
この「サラダとまほうのおみせ」は、春夏秋冬そろっているやなぎむらシリーズの第一弾。
本の中の虫達はみんな、
実におだやかな性格のもちぬしで、お互いを気遣いながら共生しています。
その表情もとてもいきいきとしているのは、
作者の長年に渡る虫へのおもいの結果なのでしょうね。
水彩と色鉛筆をあわせて描かれている絵はとても繊細で丁寧です。
1ページ1ページに春色がぎゅっと詰まっている。

学校の授業で川あそびに行く予定の娘は、ここのところ常に天候チェックをし、
「昨日は雨だったから、かわの水がどろどろかもしれないし、
水がいっぱいかもしれないからいけないかも….」とかなんとか毎朝気を揉んでいる。
息子は、コクワガタに「トレーニングさせてあげているんだ」と木の枝をくわえさせ、
むしかごの中の丸太やえさのゼリーのレイアウトに悩んでいたりする。
子供達は、やなぎむらの仲間達との境があまりないようにおもいます。

これから季節ごとに集めようかな、と思っている絵本シリーズのひとつです。