うまやのクリスマス

うまやのクリスマス
うまやのクリスマス
posted with amazlet at 15.07.06
マーガレット・ワイズ ブラウン
童話館出版
売り上げランキング: 454,744

クリスマスイブ。
昼間ふっていた雪もおちついて、
サンタが来るか見たい!っていっていた子供も寝てしまい、
わたしはひとり、なかなか寝付けなくて、
布団の中で、しばらくこの本をひらいて眺めていた。
去年 娘に贈った本だ。

マーガレット・ワイズ・ブラウンの文の静けさは、
娘がまだ赤ちゃんだったころの空気を思いおこさせる。
山の上の古い一軒家に暮らしていたころだ。
昼間はきゃっきゃと賑やかに暮らしをかき回す娘が、
夜ねむりにつくと、急にあたりが静かになり、ものが輪郭をあらわす。
外の木々の葉のおちる音、かさこそとした風の音が耳をかすめる。
家をかこんでそびえる背の高い杉の木の輪郭が、蒼い空に、黒くくっきりと浮かび上がる。
見上げると無数の星がまたたく。

山の夜は深かった。
傍らでねむる娘は、とてもあたたかかったのが思い出される。

うまやの中で、うしやろば、うま、のねずみ、ひつじたちに見守られ、
この世にうまれたおさなご。
キリスト誕生のよるの、質素で奇跡的な感動が描かれた一冊。
マーガレット・ワイズ・ブラウンの安らぎに満ちた詩文と、
バーバラ・クーニーの繊細で力強い木版画は
いやおうなく神聖なやすらぎを与えてくれる。

モノクロで切り出された絵は、まさにあの、
娘が赤ちゃんだったころの、深い闇の中の杉の木の輪郭と同じ。

赤ちゃんの誕生を祝う周りのまなざしや、無垢な命の輝きもまた、
あの頃の家族のあたたかさや、娘のまんまるな目のうつくしさと、
かわりはないのでした。