絵本専門店 ちいさいおうち

tiisai
天気予報が雪だったのに、どんどん青空がみえてきて、松本まで足を伸ばしてきました。私のいる長野市から、松本市まで行くのには、美麻村、大町、安曇野を抜けて2時間半…となるのですが、途中の道路で県外ナンバーの車が2台横道に埋まり、JAFを呼んでいるのに遭遇したので、引き返し高速道路を使って1時間半、久しぶりの松本です。

松本に行くと、「松本民芸館」(2012.9の日記)か、この絵本屋「ちいさいおうち」かに行きます。どちらも10年以上に渡って好きな場所で、一旦足を運ぶと長くなります。1,2年に1回来れるか、という頻度ではありますが、大事な場所があるというのはしあわせなことです。

この日も数時間、ひたすらに絵本を手に取る幸福な時間を過ごさせていただいたのですが、日曜日というのもあって、赤ちゃん連れ、幼稚園くらいの子連れ、お孫さんへの贈り物、ボランティアの本探し、とさまざまな世代のお客さんが訪れて、絵本を求めて行かれていました。この絵本屋は創業30年、店主の越高一夫さん、越高令子さん、スタッフの方、みなさま、細やかな子どもの本の選定、アドバイスをされていて、地元に密着して絶大なる信頼を置かれているのが強く伝わってきます。どのお客さんとも、何かしら絵本を通じての会話をされていて、まわりも心が暖まります。地域にこのような絵本屋があるのがうらやましい。

118_2

今日はひとりで来た事、昔は小さな子供を連れて何べんも来たけど、こうやってひとりで来れるようになったことを感慨深く思っていることを店主さんにお話しました。「お子さん今日はセンター試験ですか?」いえいえ、あれば再来年ですが、暴れる子と一緒にきた場所で、その子のセンター試験の話をしているなんて、時の流れの早さたるや…。

赤ちゃんの本から、絵本の新刊、児童書、外国著者の本、洋書、おもちゃ、とにかくたくさんあって、特に外国著者の私の大切にしている本は、こちらで求めたものが多いです。今回もエルンスト・クライドルフの本を買いました。買った時のことも大事にして、大切に読み継ぎたい。

[ちいさいおうち] shop date


〒390-0877 長野県松本市沢村3-4-41 
TEL 0263-36-5053 http://www.chiisaiouchihon.jp/
*月曜~金曜 10:00 ~ 19:00
*日曜・祝日 10:00 ~ 18:00
*不定休

「栞日」さん(こちらは写真集や古本の選書が美しかったです)と
「amijok」さんに寄って帰りました。
松本もゆったりとした時間が流れるお店がたくさんですね。

帰りの姨捨PA、眼下に綺麗な雪景色でした。

118

118_3